2013.12.10 Tuesday

BMWmini修理例(修理の流れ)

 今回も修理例をアップします。

BMWミニの局所的に損傷が酷い修理例を作業の流れを見てもらいながら
ご紹介したいと思います。

左側の後方の損傷です。


このテールランプが挟まって中々外れなくて手間取りました(^_^;)

バックドアとの隙間も広がってしまってますね。

苦労したテールランプ、そして室内のトリム類を外します。

こちらがインナー側の損傷画像です。左リヤタイヤの辺から撮りました。

上の画像が粗出し前、粗出し完了後が下の画像です。
しっかりポイントを見極めて頭で描いた順番通りに直していきます。

そしてこちらが、外側パネルの粗出し完了後の画像です。
肝心な部分をしっかり直していきます。

ならし板金完了後画像です。
新品テールランプと新品リヤバンパーを仮合わせします。

バンパー、テールとも隙間がバッチリになりました。


バックドアとの隙間もキッチリ合ってきましたね。
損傷部位を『しっかり』修理することで、自然に元の位置に戻っていきます。

サフェーサーにて下地処理をして塗装準備です。
塗装ブース(塗装専用の箱型の部屋です)にて塗装します。
上から空気がながれて塗装中の余分な塗装ミストが下に吸われていきます。
上から押して下からも引く。そのままですがプッシュプルブースといいます。
熱源乾燥付きですので、この部屋で塗装後に乾燥させる事ができます。


画像はありませんが、塗装後に表面をミガキあげます。
慎重に部品付けをしまして完了です。

そして洗車をしまして、こちらが納車前の画像です。
もちろん色も現車にバッチリ合わせます。



綺麗になおりました

ご存知の方もおられるかと思いますが、もしお時間があるかたは
(JAA 板金)と検索してみてください。
当社HPのトップページにもJAAのバナーがあります。(クリッククリック)(^O^)
日本自動車板金塗装協会のHPがでてきます。
『ちゃんと直そうをモットーに集まった集団です』
凄腕の職人さん達の板金修理例が見れますよ!

もうすぐ今年も終わりですね。
当社年末年始の予定は
12月30日〜1月5日の間お休みをいただきます。

当社社員全員で12月最後の営業日まで頑張ります!
みなさんも身体に気を付けてくださいね。




2013.11.24 Sunday

スイフトフェンダー鈑金

 かなり久しぶりの更新になりました。

最近さらにインターネットを見た!と言って当社を選んで板金依頼をいただけることが
すごく増えて来ております。有難うございます!嬉しい限りですっ!
代車の都合でお待ちいただくことがありますが、ご予約をいただいてお待ちいただく事もございます。現在、代車は13台ですがお待ちいただくことがない様に増車予定しております。

今回は軽板金ですが、スイフトフェンダーの修理例です。



こう見えて、割と大きく凹んでいるんですよ!


鉄板は衝撃を受けて凹んだ場合、凹んだ部分を中心に引っ張られて大きく凹み
さらに引っ張られた周辺は鉄板が『腫れる』のです。
その為、修理前に凹んだ部分を観察します。
何がどのようにどんな角度で凹んでしまったのかを想像しながら板金します。




板金終了っ!!!

塗装後、ミガキをしまして納車前の画像です。



最近、同業者の方や一般のお客様でブログ見てるよってお声をよく聞く様になりました。
大変嬉しく思います。有難うございます。
なかなか更新出来ない事もありますが色々アップしていこうと思います。

いろいろ・・・・・・(=´∀`)

ではでは、風邪がはやっております。みなさん風邪には気を付けてくださいね!

『手洗いうがい』をして予防しましょう!




2013.10.05 Saturday

ドア板金

 エリシオン 左フロントドアの板金です。

裏に補強がありまして(T ^ T)
ここまで手が入らなかったので表からの『スタッド』板金です。

何度もいいますが『スタッド』という機械は、凹んだ鉄板を表面から
溶着(鉄の棒をくっつける)して引き出す機械です。
凹み方の大きさにもよりますが、数十回くっつけては引っ張っての作業をくりかえします。




赤丸の景色が歪んで見える部分が凹んでいます。

極力、小さく収まるように心がけながら作業をすすめていきます。

板金後の画像です。




後々のトラブルを防ぐためにもしっかりと鉄板をなおします。

三重県四日市水沢町4617-3
襯ートボディオクダ
四日市で板金塗装をお探しなら、是非当社にお声がけください。

2013.09.20 Friday

小さな鈑金

 こんばんは。

今回は、比較的小さい鈑金をご紹介致します。

右フェンダー鈑金です。




バンパーで押されてクニッと曲がってしまったみたいです。

わかりにくいですが、指でさした部分も曲がっています。

小さい鈑金であろうが作業の仕方はかわりません!
慎重に丁寧に鈑金します。


ばんきん かんりょう です !


2013.09.10 Tuesday

鈑金(板金)

 ここの所、大変忙しくさせていただいておりまして
ブログをサボっております(^_^;)

お久しぶりの更新です

エスティマの鈑金です。






リヤフロアです。このタイプのエスティマは後部をぶつけてしまいますと
バンパーの中に隠れている部分のバックパネルとリヤフロアが結構凹んでしまいます。



バックドアも内側のパネルまで損傷していますね。




結構硬いパネルでした



納得の仕上がりです!

でも、パテは薄く盛ります!

いきなりサフェーサー(塗装下地処理)画像です。

リヤフロアのアップ画像がありませんでした!
綺麗に叩いてはあるのですが・・・・。

裏側です


ブログ用に写真を撮っておりませんので、塗装後の写真がないのです(^^;




今年に入ってから特にですが、H.Pを見ていただいたお客様から修理依頼
をいただく件数がかなり増えてきました。すごく有難く思っております!
当社代車の方も出つくして、お待ちいただく事が多くなりました。
現在お待ちのお客様、申し訳ありませんがもう少しの間お待ちください!

当社を選んでご入庫してくれた以上、とにかく綺麗に直します

現在、まだまだ代車の増車も考えております。

ご連絡お待ちしております。






2012.12.09 Sunday

ならし板金

こんにちは。
今年もあと三週間ですね。
年末まで気合いいれて頑張りましょう。

さて、本日の内容は板金(鈑金)です。
まだまだ勉強中ですが、これが当社の『ならし板金』です。



べっこり凹んでしまっています。



これを、ハンマーとあて板(ひらっべたい鉄の塊)で板金していきます。

パテで成形するのではなく、鉄板を元に戻すのです。
これが、『ならし板金』といわれる板金技です。
 
エグれていた角の部分も、きっちり直していきます。
リヤバンパーとのチリをしっかり合わせます。

鉄板は、ある一定以上の凹み方をしてしまいますと、鉄そのものが延びてしまいます。

その伸びてしまった鉄板や、塑性変形して硬くなってしまった鉄板を

『元の張り』そして『元の強度』を保った状態で『元通りに復元』します。


完成写真です。

当社は、お客様の声を大事にお客様の要望になるべく答えられるように心がけております。

何処に修理依頼をしようと迷われたなら、是非当社に一度メールもしくはお電話ください。

| 1/1PAGES |

オートボディオクダ

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

recent comment

links

RSS Feed

携帯サイト

qrcode